Attention -抜粋-
  • 転載禁止。まとめブログ等への掲載も禁止。Twitterにつぶやくのも禁止。(ビビリます)。
  • 感想には攻略・あらすじ・キャプ画・文字おこし等はありませんが、ポロポロ出てくるネタバレ妄想に注意。好き故に贔屓目感想・否定的な感想等があります。自分と同じ意見しか見たくない方はお帰り下さい。

神様はじめました◎ ♯8 神様、潜入する(アニメ感想)

土地神の力って手軽に貸せたりするのね。便利便利。

08:神様、潜入する



巴衛の好意って奈々生以外には筒抜けだね(笑)。
鞍馬にもバレバレじゃん(^ ^;
でも、好きな子にイジワルするのは小学生までで辞めようね。嫌われるよ(奈々生には平気だけど)。
あと、巴衛って奈々生の寝込みを襲う事が多くない?
犯罪一歩手前だ…(奈々生には平気だけど/寧ろ喜んでるし)。

さて今話は…僧正坊に会いに本家道場へ潜入。
鞍馬に土地神の力を貸しちゃったよ(^ ^;
奈々生の白札の力もスゴくなったね。
巴衛の事もちゃんと操れる(巴衛カワイイw…いや、不憫;)。
って、奈々生より土地神の力が強くない?Σ(゚Д゚|||)

でも、二郎の様子を知っているモノとしては、「そんな変装・偽装をしなくても奈々生ちゃんが“入れて☆”と言えば入れる気が…」と教えてあげたい(笑)。
二郎もまだまだカワイイね。

僧正坊さんってまだ生きているのかな?
二郎さんに隠されているってのが怪しいわ。

あ、結局翠郎さんはイジワルをしていたのではなく、女人に慣れていなかったってだけだったの?
純粋な人だなぁ。



キャスト:桃園奈々生/三森すずこ、巴衛/立花慎之介、鞍馬/岸尾だいすけ、ミカゲ/石田彰、護/山下大輝(少年ver.)・楠ひなた(サルver.)、二郎/羽多野渉、翠郎/平川大輔、夜鳥/下野紘、牡丹丸/齋藤彩夏、僧正坊/神谷明、講釈師/山崎バニラ、他

オープニング:神様の神様(ハナエ)/エンディング:おとといおいで(ハナエ)

リンク:アニメ公式サイトテレビ東京内サイト白泉社内サイトwiki

web拍手 by FC2

関連記事

スレッド : アニメ・コミック | 神様はじめました

タグ : 神様はじめました◎アニメ 神様はじめました◎ 神様はじめました アニメ感想

カテゴリ : ▼ゲーム・マンガ・アニメ雑記▼ | 他アニメ感想(2015年)

2015.03.04.Wed |  CM : 0  |  TB : 1  |  Top↑
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS 編集・削除するのに必要
SECRET 管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback
この記事のトラックバックURL
→http://marinedragon.blog84.fc2.com/tb.php/3213-4f20bd5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
第8話 神様、潜入する 公式サイトから天狗の里の中心に立っている霊木の万年桜は、僧正坊が病に倒れてから枯れてしまっていたが、奈々生が白札で一時蘇らせることができた。しかし、偶然居合わせた二郎が、奈々生を厳しく叱責する。ここ天狗の里は、女人禁制の里だったのだ。思わぬ形で二郎と遭ってしまい、逃げ帰る奈々生。その夜、身を寄せている翠郎の家に、鞍馬の帰省を聴きつけた兄天狗たちがやってきて、鞍馬に四代...
2015/03/05(木) 23:20:52 | ぬる~くまったりと

▲PageTop

 | HOME | 
プロフィール
 Author:まりん

大好き:ONE PIECE、D.Gray-man、封神演義、金色のコルダシリーズ(ゲーム&マンガ)、音楽(演奏するのも聴くのも両方)、プロ野球(千葉ロッテ贔屓)

好き:ゲーム(近年は乙女ゲームが主)、社寺仏閣巡り、美術館巡り、(TVでの)スポーツ観戦、他沢山。

苦手:ホラー系(グロい・流血…全部ダメ)、実写化、二次創作、他。

◆詳しくは↓↓

◆web拍手
web拍手
(2006.11.20~)
カテゴリ
ユーザータグ
月別アーカイブ
ブログ内検索
つぶやき
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
チェック
1月26日
[DVD]ONE PIECE Log Collection SABO
2月2日
[書籍]ハイキュー!! 30巻
2月22日
[GAME_PS Vita]遙かなる時空の中で Ultimate
未定
最新記事
最新コメント
最新トラックバック